2015年1月22日木曜日

Windows7、8からWindows10へ無料アップグレードができます

株式会社Pro-SPIRE エンジニアリングサービス事業部の相川です。

米国時間1月21日、シアトルのMicrosoft本社で開催されたプレスイベントで、
Windows7、8からWindows10へ無料アップグレードができることが発表されました。
詳細は以下の通りです。
  1. Windows7、Windows8.1、Windows Phone8.1からWindows10へ無料アップグレードが可能。
  2. ただし、Windows10リリースから1年間に限られている。
先日、Windows7のメインストリームサポートが終了したことは本ブログでも取り上げました。

無料アップグレードの提供は、ユーザーコミュニティの拡大を狙えます。
ユーザーが実際に使用した感想やフィードバックを得ることを狙っているのでしょうか。

現在Windows7のユーザーシェアが非常に高い割合を占めているだけに、Windows10へ乗り換えをするユーザーは多くなりそうです。
また、企業や教育機関などで利用しているWindows7や8の一斉アップデートも可能です。

最新OSに乗り換えることは、最先端の技術と機能を体感できるメリットもありますが、
予期せぬ不具合が起きる可能性がある、というデメリットもあります。

無料アップデート期間は1年間もあります。
私は、周囲の評価を見聞きしてからアップデートするのが良い判断だと感じました。
皆さんだったらどうしますか?

Windows10のリリースが楽しみですね。

速報:Microsoft、Windows 7、8からWindows 10へのアップグレードは無料と発表
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

以上、本日のショートトークでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿