2015年1月7日水曜日

Windows10はIE以外のブラウザも搭載される噂

株式会社Pro-SPIRE エンジニアリングサービス事業部の相川です。

Windowsの最新OS「Windows10」にはInternet Explorer(以下IE)以外の新しいブラウザが搭載されるかもしれません。

Windows 10にはIEではないブラウザーが搭載される?
http://ascii.jp/elem/000/000/966/966562/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

新しいブラウザの名前は、開発上のコードネームで「Spartan」(スパルタン)と呼ばれているようです。
IEは廃止されるというわけではなく、「Spartan」とともに「Windows10」に搭載されるとのことです。

「Spartan」には、IEと同様のJavascriptエンジンである「Chakra Javascript」や、HTMLレンダリングエンジンの「Trident」が採用されます。
特徴としては以下の3点が挙げられています。
  1. 動作がIEと比べて軽快になる。
  2. ChromeやFirefoxのような拡張機能に対応している。
  3. 外観や使用感はIEよりもChromeやFirefoxに近い。
また、マルチプラットフォームに対応するようです。
PCだけでなくスマートフォンからも利用できるようになるかもしれません。
Windows以外のOSに対応するかどうかは不明。

Windowsで利用できる新しいブラウザ、興味が出ますね。
しかし、残念ながら今回の発表は、Microsoftによる情報ではないので信頼性は確かなものではありません。
ZDNetというサイトが情報の発信元です。

Microsoft is building a new browser as part of its Windows 10 push
http://www.zdnet.com/article/microsoft-is-building-a-new-browser-as-part-of-its-windows-10-push/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

以上、本日のショートトークでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿