2014年12月18日木曜日

アメリカにて開発中の「スマートフォン上で確認できる運転免許証」

株式会社Pro-SPIRE エンジニアリングサービス事業部の志田山です。

本日は、アメリカのアイオワ州にて開発中の「スマートフォン上で確認できる運転免許証」についてご紹介いたします。

Iowa to launch smartphone driver's license
http://www.desmoinesregister.com/story/news/politics/2014/12/08/iowa-digital-smartphone-drivers-license/20114979/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

William Petroski/Register photo
出典:http://www.desmoinesregister.com/story/news/politics/2014/12/08/iowa-digital-smartphone-drivers-license/20114979/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

現在アイオワ州ではiOS版とAndroid版の運転免許証アプリを開発していて、これらは無償で配布される予定となっています。
2015年リリースと報道されていたようですが、運営局は「プライバシーとセキュリティーに関してまだ問題があるため、リリース時期は不確か」と述べています。

主な問題は以下の2点です。

  • 警察官がアプリ上の運転免許証を確認する際、どのようにスマホと接触するのか
  • スマホに送られてくる通知を警察官に見られないようにするには

1つ目は、スマホが持ち主であるドライバーの手から離れない仕組みになるだろうといわれています。
ドライバーがスマホを所持したまま、警察官や運輸保安局が免許証を電子的にスキャンすることで、ドライバー以外がスマホを操作することがないようにするそうです。

2つ目は、具体的な方法はまだ分かりませんが、警察官が免許証をチェックしている間は通知を見せないようにする手法を検討する必要があります。

また、セキュリティを強化しようとする動きもあります。
偽装を防ぐために免許証の写真がわずかに動くようにして、スクリーンショットと区別できる機能を検討しているようです。

アイオワ州、全米初のスマホ運転免許証を開発中 - WSJ
http://jp.wsj.com/news/articles/SB11133530172994754599304580337870730080224
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

アプリを開発しているMorphoTrust USA社のジェニー・オープンショー副社長は、
アイオワ州だけでなく他20以上の州とも協議をしていると明かしています。

アメリカ全土でこのデジタル運転免許証が普及して、日本でも使えるようになるといいなと感じました。

以上、本日の小話でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿