2014年10月2日木曜日

Windows最新OS「Windows 10」プレビュー版公開

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の鳶田です。

本日は、Windows最新OS「Windows 10」についてご紹介いたします。

Announcing Windows 10
http://blogs.windows.com/bloggingwindows/2014/09/30/announcing-windows-10/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。
2014年9月30日(米国時間)、Microsoftは次世代のWindowsを発表しました。
その名は「Windows 10」です。

Windows8の次はWindows9だろうと考えていたジャーナリストが殆どのようでした。

Windows 10の特長の1つとして、動作する機器(PC、スマートフォン、タブレット)ごとにユーザー体験が個別に調整されている点が挙げられます。
異なる画面サイズの機器には、異なるユーザーインターフェイスが提供されます。

これの実現のために、従来のようにモバイル版のWindowsが特別に作られるのではなく、PC版もスマートフォン版もソフトウェアとしては同じ一つになります。

e-Words - ユーザー体験
http://e-words.jp/w/UX.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。
Microsoftは伝統的なスタートメニューを含め、Windows 7の機能のいくつかを復活させました。
メニューデザインが改良され、Windows 8で不評だったタイル式のスタート画面が、Windows 7までのスタートメニューに近いリサイズ可能なメニューになって併用されてます。

Windows 8のMetroアプリは、Windows 10では他のアプリと同様、ウィンドウモードで作動します。
フルスクリーンモードはデフォルトではなくなりました。
Windows 8の「モダン」アプリは、標準的なデスクトップアプリと共存して使えるようになりました。

さらに、Windows 10にはマルチデスクトップ機能が導入されてます。

複数のデスクトップで複数のアプリを開き、その間を自由に行き来することを可能にしました。

TC - Microsoft、Windows 10プレビュー版を公開―次世代OSは“Windows 9”ではなかった
http://jp.techcrunch.com/2014/10/01/20140930microsoft-announces-windows-10/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

10月1日から、MicrosoftはWindows Insider Programを開始します。
このプログラムでは、リリース前のWindows 10を無償(かつ自己責任!)でダウンロードできるようになります。

勇気のある方は、初期のベータ版であるWindows 10をインストールしてみましょう。

今回公開されるのはPC向けの方で、サーバー向けの方は後になります。
今回のバージョンには実験的な試みも含まれており、製品版に組み込まれるとは限らない機能があるのも楽しみのひとつです。


以上、本日の小話でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿