2014年10月17日金曜日

「Kindle Scout」で書籍をデジタル化

株式会社Pro-SPIRE エンジニアリングサービス事業部の池内です。

本日はAmazonが近日開始予定のプロジェクト「Kindle Scout」をご紹介します。


「Kindle Scout」はAmazonより行われる人気投票で、票が多い書籍をデジタル化するというものです。


Amazonが人気投票で書籍をデジタル化する「Kindle Scout」をスタート

http://gigazine.net/news/20141015-amazon-kindle-scout/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

電子書籍は保存に場所をとらず、多くの書籍を機器で持ち運べる便利さがあります。
とても便利な電子書籍ですが、電子書籍化されていない書籍も多くあります。
「Kindle Scout」は、そのような埋もれた作品を「読者の推薦」によって電子書籍化するプロジェクトです。

投票対象となる作品のアップロードから読者の投票、電子書籍化までの仕組みは以下の通りです。

○電子書籍化したい筆者側
書籍の電子出版にはいくつか条件があります。

・これまでに一度も電子出版されていないこと。
・5万単語以上の長文であること。
・表紙のカバーは5MB以下のJPEG・PNG画像であること。
・500単語以下の本の説明文をつけること。
・45単語以下のワンライナーをつけること。

上記の条件をクリアすることによって、書籍データをアップロードすることができます。
電子書籍化の決定通知はKindle Scoutに参加してから45日以内にAmazonから送られてきます。
電子書籍化によって作者はAmazonからKindleの売り上げの50%を得ることができるとのことです。

○電子書籍化を選ぶ読者側
投票する読者は電子書籍化を推薦する本を3つまで選ぶことができます。
選んだ書籍が電子書籍化決定した場合は、その通知メールが届きます。
読者は電子書籍化した書籍の全編を無料でKindleから入手することができるそうです。

Kindle Scout
https://kindlescout.amazon.com/submit
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

今回のプロジェクトにより、今迄埋もれていた素晴らしい作品が日の目をみる時が来るのでしょうね。

以上、本日の小話でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿