2014年9月25日木曜日

音声コミュニケーション重視の新アプリ「Talko」

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の相川です。

本日は、iPhone向け音声コミュニケーションアプリ「Talko」についてご紹介します。

Talko - 公式サイト
http://www.talko.com/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

本アプリは、ベンチャー企業「Talko」から発表されました。
「Talko」はレイ・オジー氏によって設立されました。

レイ・オジー氏は、2010年まで米Microsoftでチーフ・ソフトウェア・アーキテクトを務めた実績があります。

本アプリはテキストや音声、写真つきメッセージの送受信や電話会議などに利用できます。
すべてのメッセージや通話は記録され、タグ付けやブックマーク、検索を行うことができます。
そのため、後から容易に確認をすることができます。

通話が記録されるというのは良い機能です。
聞き漏らした事項などを確認するのに役立ちますね。

電話中に写真を撮影して共有したり、メッセージを送ることも可能です。
参加者が話し手の邪魔をせずにコミュニケーションをとることができます。

また、電話会議中の参加者の状態を確認することができます。
状態確認の例は次の通りです。

・オンライン・オフラインの状態
・携帯ネットワーク・Wi-Fiネットワークのどちらで通話に参加しているか
・運転中かどうか
・端末のバッテリー残量状態

これらの情報も表示することが可能です。

Talkoは、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Azure」ならびに「Amazon Web Services」上で運用されています。
これにより通話記録を一部、またはすべて消去できる機能があります。
プライバシーコントロール機能を高めているようです。
SNSアプリは、個人情報流出事故に関するニュースが多いので安心できる機能ですね。

本アプリは現在iPhone向けのリリースとなっていますが、将来Androidやブラウザ向けにもリリースされるそうです。

レイ・オジー氏らが音声コミュニケーション重視の新アプリ「Talko」をリリース
http://wirelesswire.jp/Watching_World/201409241217.html


※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

ビジネスで使うにもプライベートで使うにも使い勝手がよさそうなアプリです。
Talkoによって、通話機能がスマートフォンで多用される日がやってきそうです。

以上、本日のショートトークでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿