2014年9月8日月曜日

青空文庫をLINE風に読める「文豪メッセンジャー」

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の鮫島です。

本日は、青空文庫の小説を文豪とLINEで会話をするかのように読める「文豪メッセンジャー」についてご紹介いたします。

「文豪とメッセンジャー友達だったら、小説読むのがはかどるんじゃないか」
そんな発想から作られたサービスが、密かに人気となっています。

それは、文豪とメッセンジャーでやりとりしているような雰囲気で、「青空文庫」の名作が読めるサービスです。

文豪メッセンジャー
http://msgr-novel.herokuapp.com/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

小説の会話パートが自分と作家の発言となって表示され、あたかも文豪と会話をしているかのように話が展開されていきます。

画面下の「トーク」、または「↓」キー、スペースキーを押すことでページが更新されます。
すると、LINEでトークをしているかのように小説中のセリフが表示されます。

トーク相手は作者で、アイコンは作者の画像となっています。

会話部分以外は、お知らせメッセージとして表示されます。
なので、会話のないパートに入ると、恐ろしく長いお知らせメッセージとなります。

「トーク」1クリックごとに5%の確率で、会話の途中に画像が表示されます。
その画像は、作品名をGoogle画像検索した際の上位100件をランダムで表示しています。


小説を読み終えると作者は退出します。


「文豪メッセンジャー」はスマートフォンから使用することも可能です。
他人から見ればLINEを使っているようにしか見えません。


出典:http://gigazine.net/news/20140904-msgr-novel/

他の作品を読みたい場合などは、画面左上のアイコンを押します。
すると、「青空文庫から文豪を現世に召喚しよう」というテキストボックスが表示されます。

テキストボックスに読みたい青空文庫の小説のURLを入力し、「実行」を押せば会話が始まります。
青空文庫に登録されてある作品であれば、全てこの形式で読むことができます。

あの文豪とメッセ友達に!? 青空文庫をLINE風に読める「文豪メッセンジャー」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1409/03/news105.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。


このサービスを使えば、小説を読むのが苦手な人でも有名な小説を楽しく読み進めることができそうですね。

以上、本日のシュートトークでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿