2014年9月4日木曜日

Gmailアドレスに日本語などの非アルファベット文字の対応が始まります

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の相川です。

本日は、Gmailアドレスの非アルファベット文字の対応についてお話します。


2014年8月5日、Googleの技術者のブログによって発表されました。


A first step toward more global email

http://googleblog.blogspot.jp/2014/08/a-first-step-toward-more-global-email.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

メールアドレスといえばアルファベットと数字、記号の組み合わせでしか表現ができませんでした。
しかし、今回の発表では以下のようなことができるようになります。



これはメールの送信画面です。
送信者のメールアドレスが表示される"from:"の箇所に日本語の文字列が並んでいます。
将来、メールアドレスを日本語で表記することができるようになるようです。

しかし、問題点もあるようです。
メールサービスを行っている企業はGoogleだけではありません。
また、Webサイトにメールアドレスの登録をする際、メールアドレスの登録が拒絶されることもあるでしょう。

標準化されたメールアドレスの表現をGoogleはどのように乗り越えていくのでしょうか。
Googleという大企業に他のメールサービス会社はどう対応していくのでしょうか。

この点に注目して行方を追っていきたいですね。

実現された暁には日本語のメールアドレスを取得しようと思います。
そして最先端の技術を体感したいと思います。

以上、本日のショートトークでした。


0 件のコメント:

コメントを投稿