2014年9月26日金曜日

3Dで見る新型衛星「ひまわり」

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の池内です。

本日は、新型衛星「ひまわり8号・9号」に搭載されているパーツ3Dで見ることができるWebサイトをご紹介します。

下記は朝日新聞デジタルのWebサイトです。

3Dで見る新型衛星「ひまわり8号・9号」:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/special/rocket/himawari/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

アクセスして少し待つとマウスで動かせるようになります。
各項目をクリックすると、選択したパーツが拡大され、詳細な説明を見ることができます。

自分で拡大もできるので、太陽電池パネルの位置など、新型衛星「ひまわり8号・9号」がどのような構造なのかが一目でわかります。

文字と写真で説明しても、具体的なイメージがわかないことがありますが、
このように3Dモデルにすることで、機械の全体像を見ることができ、部分的な説明もしやすくなるでしょう。

何を紹介するにしても、3Dモデルは見る側にとっては面白く、わかりやすいです。
今後は上記のようなWebサイトが増えることに期待です。


余談ですが、8号の方は打ち上げ日が決定したそうです。

H-IIAロケット25号機/「ひまわり8号」の打ち上げ日決定!
http://fanfun.jaxa.jp/topics/detail/2824.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

静止気象衛星としては世界で初めてカラー画像を配信できます。
撮影の頻度があがり、急速に発達する積乱雲の観測も可能になるそうです。

以上です。

0 件のコメント:

コメントを投稿