2014年8月26日火曜日

Facebook、クリック狙いの投稿を減らすアルゴリズム

株式会社Pro-SPIRE ソリューション事業部の志田山です。

本日は、Facebookが“クリック狙い”投稿の表示を減らすためニュースフィードのアルゴリズムを変更したことについてご紹介いたします。

Facabook公式ブログ
http://newsroom.fb.com/news/2014/08/news-feed-fyi-click-baiting/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。


Facebookは2014年8月25日(米国時間)、公式ブログにて
「クリック狙いの投稿」つまり「内容に関して有益な情報は載っていないが、ユーザーに記事をクリックさせようとする投稿」を排除する方針であることを発表しました。

今回はそれにともなって、投稿を表示するニュースフィードの新しいアルゴリズムが開発されています。
ユーザーの反応に着目したそうです。
  • ユーザーがリンクをクリックしてからFacebookに戻ってくる時間(記事を読む時間)
  • クリック数や「いいね!」、「シェア」の比率
などを参考にし、投稿が「クリック狙いの投稿」であるかを識別します。


リンク先からすぐにFacebookに戻ってきたり、
「いいね!」や「シェア」されなかった場合は「クリック狙いの投稿」である可能性が高いと判断し、
ニュースフィールドに表示させません。

Facebook、“クリック狙い”投稿の表示を減らすニュースフィード変更 - ITmedia ニュース
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

Facebook Says It’s Cracking Down On Clickbait
http://techcrunch.com/2014/08/25/facebook-vs-clickbait/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。


最近は、拡散させることを目的に「「いいね!」や「シェア」を押さなければ続きを閲覧できない」といった投稿も見かけます。
そのような投稿は、たとえ魅力的でなくても「いいね!」や「シェア」の数が多いことから、あたかも支持されているかのように見えてしまいます。

今回発表された新しいアルゴリズムで、そういった投稿が排除されるといいですね。


以上、本日の小話でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿