2014年7月17日木曜日

日本のエンジニアのためのQ&Aサイト

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の鳶田です。


本日は、日本のエンジニアのエンジニアによるエンジニアのためのQ&Aサイト「teratail(テラテイル)」についてご紹介します。

teratail - 思考するエンジニアのためのQ&Aサイト
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

2014年7月16日、レバレジーズ株式会社より「teratail」が正式リリースされました。
teratailはエンジニア特化型のQ&Aフォーラムです。

海外に比べて日本はエンジニアのコミュニティの数・質が劣ってます。
そのため情報量も多くありませんし、これでは新しい技術要素を習得するにも時間がかかります。

teratailは現役のエンジニアがリアルタイムで集まっているため、個別の質問に対し質の高い解答を返せます。
過去に同じ課題を乗り越えた人が、最適解を教えてくれる可能性が高くなります。

また、質問者、解答者に対する評価がScoreによって明示されます。
Scoreは質問に対し適切な解答をすることで、質問者が解答者に加点します。
蓄積されたScoreは総合、週間でランキング表示されます。

このScoreを見ると「信頼性」、「エンジニアの質」が一目瞭然です。

teratailは次のSNSアカウントによりログインすることが可能です。

・facebook
・twitter
・Google
・Github
・Hatena

フォロー機能もついており、他のユーザとつながりを持つことができます。
人気なユーザによる最新の解答を常にチェックし、思いもよらなかった知識がまた得られるかもしれません。

バッジ一覧というページがあります。
バッジは解答のバッジ、質問のバッジ、アクションのバッジと、三種類あります。
これらはある一定条件を満たすと実績として得られるコレクションアイテムのようです。

エンジニアの悩みを解決するエンジニア特化型Q&Aフォーラム 「teratail(テラテイル)」 2014年7月16日(水)より正式リリース
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

私も日本には技術関連のコミュニティサイトが少ないなと感じてました。
あっても、非常にレベルの高いやりとりでとっつきにくいものばかり・・・。
それに比べて、海外のフォーラムは低いレベルから高いレベルまで幅広くありました。
日本でいうとYahoo知恵袋並みの気軽さで質問をしている人が多く散見されます。

僅かながらteratailを拝見しましたが、なかなか敷居の低いフォーラムだと思います。
これなら新しい言語の習得などに困った時、気軽に質問できそうです。
皆さんも是非お試しください。

以上、本日の小話でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿