2014年7月25日金曜日

LINEの新機能

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の相川です。

本日は、LINEの新機能「タイマーを設定して期限付きでメッセージや画像を閲覧できる機能」についてご紹介いたします。

LINEに「隠しチャット」機能が追加、制限時間がたつとメッセージが自動消滅
http://appllio.com/20140723-5496-line-hidden-chats
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

利用できるのは1対1トークだけであり、メニューから呼び出すと別のチャットルームが新設されます。
送信側で指定したタイマーの期限が過ぎると、メッセージが自動的に削除されます。

タイマーの期限設定は次の通りです。
・2秒
・5秒
・10秒
・1分
・1時間
・1日
・1週間

※新機能といっても海外で発表された機能なので、国内ではまだ利用ができません。

ちなみに、似たようなアプリケーションに「Snapchat」というものがあります。
Snapchatは写真のやり取りだけのようです。

Snapchat
https://www.snapchat.com/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

また、2014年7月16日に韓国ネイバーはLINEが東証にIPOを申請したと発表しました。

ついに上場申請、LINEが描く野望
http://toyokeizai.net/articles/-/42982
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

国内ではスマホユーザーの大半がLINEを利用しています。
ですが、まだまだ海外では認知が広まっていない地域(北米など)もあります。
今回はそれを見越した新機能なのでしょうか。

機能としては面白そうな試みですが、どういった場面で利用することを想定しているのでしょう。
ニーズを分析してみて、利用が想定される世代や状況を探ってみるのも面白いかもしれません。

個人的に想定される状況を少し考えてみました。
・LINE外部の連絡先交換(私用のメールなど)
・企業による広告(期限付きの公開によってユーザーの気を引く)
・ラブレターによる告白(恥ずかしいから残したくない)
・誰にもばれたくないやり取り

数分間考えただけでもこれだけ出てきたのでもっと潜在的なニーズがあるかもしれません。

国内では未発表の新機能ですが導入されたらぜひ試してみたいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿