2014年7月29日火曜日

Canvas FingerprintingとSupernumerary Robotic Fingersについて

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の池内です。

本日は、最近話題となっている、
・「Canvas Fingerprinting」
・「Supernumerary Robotic Fingers」
以上2点をご紹介します。


「Canvas Fingerprinting」とは、Canvas機能を使用し、
JavaScriptで文字列や図形などをユーザーに見えないように描画します。
描画したものをToDataURLメソッドを使用してデータ化し、そのハッシュを「Fingerprint(指紋)」として使い、
Cookieを使わずにユーザーを追跡するというものです。

そもそもDataURLとは!?~canvasを画像に変換する方法(toDataURL())
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

この技術を使用すれば、サイト側がデータを保存しておくことができます。
そのため、ユーザーがCookieをこまめに削除したとしても、
サイト側はデータを持っておくことができるので、実質的にCookieが不滅化することになります。

既に、ホワイトハウスやUstreamといったアクセスの多い人気サイトでは浸透しており、
ブラウザ本来の機能を保ったままでデータが保存されてしまうのを防ぐことは、現段階では難しいようです。

ブロックできないオンライントラッキングツールが人気サイトに浸
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつあ
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。


「Supernumerary Robotic Fingers」(SR Fingers)とは、
米マサチューセッツ工科大学の研究者が開発した、手に装着して指を2本増やすウェアラブル・ロボットのことです。
手首部分から二本の巨大な「指」が伸び、たとえばサッカーボールのように大きなものを片手で掴んだりすることができます。

SR Fingersの特徴は、利用に外部のコントローラや特別な操作を必要とせず、
着用者の手の自然な動きに対応して自動的に補助するように動く点です。

SR Fingersの分類は「ウェアラブルロボット」で、
従来のウェアラブルロボットはパワーアシストするタイプの動力外骨格や失った手や脚の代わりをする義肢が存在しました。
それに対し、SR Fingers はこれまでになかった機能を付け加えて人の能力を拡張する、新たなタイプのウェアラブルロボットであるそうです。

このSR Fingersを使用することによって、今まで両手でないとできなかったことが片手でできるようになるでしょう。

指を2本追加する7本指ウェアラブル・ロボット、MIT研究者が開発
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿