2014年7月9日水曜日

江戸時代の日本地図をデジタルで再現

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の鳶田です。


本日は、米アーティストがデジタル技術で江戸時代の日本地図を作るプロジェクト「A Land of Narrow Path」のご紹介です。

A Land of Narrow Paths
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

「A Land of Narrow Path」はKickstarterより資金調達に成功したプロジェクトです。

背景の質感を再現するために和紙を使ったり、木版画などの技術も応用してます。
実際に和紙作りの体験をするため、高知から福井までの紙職人巡りをしたようです。

また、浮世絵と水墨画のイラストに触発され、デザインが仕上がってます。
ラベル、アウトライン、民族のイラストは、墨による手書きです。
水性顔料で作られた木版画はスキャンされ、風景の背景として使用されてます。

地図のテキストや地名は英語表記になってます。一部日本語も併用されてます。
出展 - https://www.kickstarter.com/projects/nicholascladis/a-land-of-narrow-paths
出資は10ドルから始まり、すでに1万5000ドルを調達してます。
7月14日まで受け付けてます。

日本への愛を感じますね。是非とも成功させてほしいです。

作品の出荷時期は2014年11月~2015年1月を予定しています。

ITmedia ニュース - 江戸時代の旅人の地図、米アーティストがデジタル技術で再現 伝統的手法との融合で
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。


以上、本日の小話でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿