2014年6月3日火曜日

WWDC 2014が開催! 新プログラミング言語 Swiftが登場



こんにちは。
株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の藤野です。

現地時間6月2日に米Appleの開発者会議「WWDC 2014」が開催されました。
そこでは新プログラミング言語「Swift」が発表され、話題となっております。

SwiftはiOSやOS Xアプリを開発するための言語であり、Objective-Cと同じレイヤーです。
Cocoa、Cocoa Touchフレームワークを共有しています。

また、インタラクティブな言語でObjective-Cより高速なアプリを作ることができます。

Swift - Apple Developer
https://developer.apple.com/swift/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

アップル、新プログラミング言語Swiftを発表。レガシーを廃して高速化したiOS/OS X開発用
http://japanese.engadget.com/2014/06/02/swift-ios-os-x/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

他にもWWDC 2014では、今年2014年の秋にiOS8をリリースすることが発表されました。

操作性の向上やサードパーティ向けに様々な機能が開放されるようになっています。

Apple、iPhone/iPad向け最新OS「iOS 8」を今秋リリース
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20140603_651428.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

開発者にとってはよりアプリ製作に手をつけやすくなったといえるのではないでしょうか。


Swiftのロゴです。速度をアピールしているのが伝わります。
 
https://developer.apple.com/swift/


0 件のコメント:

コメントを投稿