2014年6月30日月曜日

広がるAndroidの世界

こんにちは。
株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の藤野です。

先日、Googleの開発者会議「Google I/O 2014」が開催されました。

そこではGoogleが目指しているプラットフォームの統一化や今後の展望などが発表されました。

今回は中でも注目を集めている、「Android TV」と「Android Auto」についてご紹介したいと思います。

Android TVは、文字通りAndroidが搭載されたテレビのことで、
スマートフォンやタブレットと連動した操作を実現します。

Android TV
http://www.android.com/tv/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

Googleがテレビ向けAndroidプラットフォーム「Android TV」を発表
http://gigazine.net/news/20140626-android-tv/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

テレビ専用のリモコンを用意しなくても、手持ちのAndroid機器がリモコン代わりとなります。

また、独自のゲームプラットフォームにも対応しています。

別途で機器を購入しなくてもゲームを楽しむことができたり、
スマートフォンを使用している相手との通信対戦も可能です。

一方でAndroid Autoは自動車に搭載されるAndroidフレームワークのことを指します。

Android Auto
http://www.android.com/auto/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

こちらも、ユーザーが持っているスマートフォンと連携させて
運転中でも快適にデバイス操作ができることを目指したものです。

ドライバーの安全を考えて、音声による操作を軸としています。

Android Autoは、アプリでクルマを止めない曲がらせない
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20140630_655674.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

以前からご紹介しているGoogle Glassなどのウェアラブルデバイスも含めて、
Googleは様々なデバイスで共通した操作ができるようにしていく方針のようです。

ユーザーにとっては使い方が統一されてますます便利になりますね。


2014年6月27日金曜日

デザイン言語 Material Design

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の鳶田です。


2014年6月25日(米国)、Googleが新しいデザイン言語「Material Design」を発表しました。

Google Developers Blog - This is material design
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

Material Designは、「紙とインク」から着想を得て、外観は触感的で流れるような美しい動きを見せます。
どこを触れればどのように動くのかがわかるという直感的な操作ができる構造になってます。

Material Designの基本方針は、統一感あるUI(ユーザーインタフェース)で使いやすさをユーザーに提供することです。

次期AndroidからはMaterial Designに基づいてUIが変わります。
デザインだけでなく、タップやスワイプの応答時間も大きく変わるようです。
また、モバイル向けAndroidだけでなく、Android Wear、Android TV、Android AutoにおいてもMaterial Designを採用します。
開発者向けに公開されたガイドラインもあります。

Material Design - Introduction
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

電話番号の入力でタップした番号が反応する様子がデモされました。次の動画です。



Material Designを採用したUIの特徴としては、ボタンやアイコン、プロフィールの写真などの角が丸みを帯びるような形状になります。
特にボタン類は非常に単純化されてます。

IT media ニュース - 時計から車まで、あらゆるAndroidのUIの基本「マテリアルデザイン」
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

IT media ニュース - Android OSの次期バージョンは「L」――新たな“マテリアルデザイン”を採用
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

Material Designにより、操作説明書を読まなくても快適な操作が実現できそうですね。

以上、本日の小話でした。

2014年6月26日木曜日

ワールドカップを支えるゴール判定テクノロジー

こんにちは
株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の藤野です。

サッカーワールドカップが盛り上がっていますね。
日本代表の決勝トーナメント進出はならず残念ですが、まだまだ熾烈な戦いが繰り広げられています。

そんなワールドカップを支えているIT技術があります。ゴール判定テクノロジーです。

ボールがゴールラインを完全に割るとゴールとみなされるのですが、
審判がいる位置によっては、その判定をするのが非常に難しく、
誤審が起きてしまうことも少なくありませんでした。

そこでIT技術を用いてゴール判定を行うようになり、
今回のワールドカップでもドイツのGoalControl社が開発した「GoalControl-4D」が導入されています。

ワールドカップで導入「ゴールラインテクノロジー」の仕組み
http://www.huffingtonpost.jp/2014/06/17/goalline-technology_n_5501791.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

GoalControl - Advanced Goal Line Technology
http://goalcontrol.de/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。


ゴール1箇所につき7台のカメラが設置されており、様々なアングルからゴールを判断します。
ゴールと判定されると1秒以内に審判の時計が振動し、画面に「GOAL」と表示されます。

そのほかのゴール判定テクノロジーにはイギリス製の「Hawk-Eye」やデンマーク製の「GoalRef」があります。
Hawk-Eyeはゴール付近設置した複数のハイスピードカメラでゴールを判定します。
また、GoalRefはボールにマイクロチップを埋め込み、磁場の変化からゴールを判定します。

Hawk-Eye: Home
http://www.hawkeyeinnovations.co.uk/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

GoalRef™ -  Fraunhofer IIS
http://www.iis.fraunhofer.de/en/bf/ln/referenzprojekte/goalref.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

今回のワールドカップではHawk-EyeやGoalRefよりも、より低コストであり、
プレーに影響を与えないといった理由からGoalControl-4Dが採用されたようです。

誰もが納得して試合を楽しめるよう、このようなテクノロジーが発展していくといいですね。

2014年6月25日水曜日

Flash Playerの偽広告

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の鳶田です。

本日は、Flash Playerの偽広告についてお話します。


動画サイトなどを閲覧する際、たまにAdobe Flash Playerの更新を促す広告が表示されます。
今回の問題は、これをクリックしたユーザーが不正サイトに誘導されたことです。

TREND MICRO株式会社は、この件について調査を行いました。
2014年6月24日、国内から不正サイトに少なくとも1万7000件以上のアクセスがあったと発表されました。
不正サイトへにアクセスすると、Flash Playerのインストーラに偽装された「DOWNWARE」というアドウェアの亜種がユーザーのコンピュータに送られます。

アドウェアを実行した時点で、MACアドレスなどの情報が外部に送信されます。
今回の問題ではクレジットカードなどの重要情報を送信するような活動は確認されなかったようです。

出典: IT media ニュース
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1406/24/news125.html
正規のソフトウェアの更新になりすます手口はよくあり、過去にはInternet ExplorerやJavaが悪用されたケースもあります。

IT media ニュース - Flash Playerの偽広告、国内から1万7000件以上のアクセスも
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

今回紹介したソフトウェアに限らず、今後も様々なソフトウェアの更新への偽装が確認されるかもしれません。
正規版だし大丈夫だろうと考えていると、いつか自分の個人情報が漏えいする可能性もあります。

パソコンは自分の家だと思ってください。
顔も知らない他人を家に招き入れる軽率な行為は危険です。
本質を見極め、更新、インストールは注意して行いましょう。

情報漏えいの危険性は、身をもって知ってからでは遅いのです。

以上、本日の小話でした。

2014年6月24日火曜日

鳥のように世界を旅する。動画共有サイト Travel by Drone

こんにちは。
株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の藤野です。

誰もが自由に空を飛んでみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

今回ご紹介する動画共有サイト「Travel by Drone」では
ドローン(無人航空機)が撮影した世界中の観光地の映像を閲覧することができます。

空を飛んで旅をしている感覚を味わうことができるのです。

TravelByDrone: Drones
http://travelbydrone.com/

これといって新しい技術を使っているわけではありませんが、珍しい体験を味わえるサイトです。

Googleマップに表示されているポインタをクリックすると、
その土地で撮影されたYouTube動画が表示されます。

ドローンが撮影したものなので、地上では決して見ることのできない映像が楽しめます。



上はTravel by Droneで見つけた中国の天山山脈の映像です。思わず見入ってしまいますね。

ドローンで撮影したものであれば誰でも投稿することができます。

他にも、「プロモーション目的でない」「屋外で撮影されている」といった条件がありますが、
無事に審査に通過すればマップに表示されるようになります。

皆さんもご覧になってみてはいかがでしょうか。
仕事の疲れを癒してくれます。

2014年6月23日月曜日

Amazonの3Dスマートフォン

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の鳶田です。


本日は、3Dスマートフォン「Fire Phone」についてご紹介します。

Amazon - Amazon Fire Phone
http://www.amazon.com/dp/B00EOE0WKQ

2014年6月18日(現地時間)、米Amazonは独自のスマートフォンFire Phoneを発表しました。
Fire Phoneは、4.7インチのHDディスプレイを搭載してます。

特徴として2つ、ユニークな機能を紹介します。

1つはDynamic Perspective 機能です。
Dynamic Perspectiveは複数のカメラでユーザーの顔の位置を認識します。
見る角度に応じて、表示を変えることができ立体的な効果を与えます。
Amazon.comでは、商品閲覧や3D地図表示などに活用できるようです。

アマゾンFire Phoneの立体効果「ダイナミック・パースペクティブ」解説。4カメラで顔追跡
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

2つ目はFirefly機能です。
Fireflyは画像検索と楽曲認識をセットにしたような機能です。
Amazonのデータベースと連携し、画像、音楽検索機能から直接購入が可能です。
音楽検索は、マイクに音楽を聴かせたり、映画やテレビの音を聴かせることで認識します。

Fire Phoneの何でも認識技術「Firefly」。専用ボタンで起動、1億アイテムを認識してアマゾンに接続
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

現時点では、国内販売は未定です。

アマゾン Fire Phone 、国内販売は「現時点で未定」。国内携帯会社のコメント(更新)
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

Fire Phoneのスペックは次の通りです。
OS:        Fire OS 3.5.0
ディスプレイ:   4.7インチ(1280×720、315ppi)
CPU:        Qualcomm Snapdragon 800(2.2GHzクアッドコア)
RAM:        2GB
ストレージ:    32 / 64GB
外部メモリ:    なし(Amazon Cloud Drive利用可能)
メインカメラ:   1300万画素
インカメラ:    210万画素
サイズ:      139.2×66.5×8.9mm
重さ:        160グラム
バッテリー容量: 2400mAh
ネットワーク:   UMTS/HSPA+/DC-HSDPA、GSM/EDGE、LTE

Amazonスマートフォン「Fire Phone」は“何でも認識して即買い”機能付きで199ドルから
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/19/news037.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

国内販売が待ち遠しいですね!
検索機能の利便性向上は衝動買いの心配がありますが、そこは個人の責任で…。

以上、本日の小話でした。

2014年6月20日金曜日

変幻自在の液晶ディスプレイ

こんにちは。
株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の藤野です。

シャープが「フリーフォームディスプレイ」を開発したという情報をキャッチしました。

量産化されればカーブや穴を開けるなど、自由度の高いデザインを持たせた液晶画面を作成することが可能です。
これまで四角形であることが一般的だった液晶画面の世界に、新たな風を吹き込もうとしています。

「フリーフォームディスプレイ」を開発
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/140618-a.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

まずは「自動車」を狙う。シャープがフリーフォーム液晶披露
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140618_653995.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

通常ですと、画面の周りに「ゲートドライバ」という回路が設置されているのですが、
これを表示領域の内部に分散させることで、画面の縁を極めて細くすることが可能となったそうです。

製品化に向けて、まずは自動車産業から展開していくとのことです。
確かに車のスピードメーターやカーナビに適した技術といえるでしょう。

ゆくゆくは円形ディスプレイやウェアラブルデバイスへの応用を目指しているそうです。

丸いテレビや縁のないスマートフォンが出てきそうですね。

「フリーフォームディスプレイ(試作品)」
出典:http://www.sharp.co.jp/corporate/news/140618-a.html

2014年6月19日木曜日

特殊な樹脂と紫外線ライトを使った3Dペン

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の鳶田です。


本日は、紫外線ライトを使って空中に絵を描ける3Dペンについてご紹介します。

3Dペンは空中に立体を描くことができるペン型3Dプリンターです。
いくつかの3Dペンが市場にありますが、そのうちのひとつに「3Doodler」があります。

3Doodler
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

専用のプラスチックフィラメントという樹脂の芯をペンにセットします。
ペンのボタンを押すと、ペン先から熱くなったプラスチックが押し出され、立体的な絵を空中に描くことができます。

3Dペン 樹脂で立体が描ける3Doodler
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

熱されたプラスチックが固まるまで待つのはコツがいるようです。
このタイプの3Dペンは、熱で溶かされたプラスチックが、空気に触れ温度が下がることで凝固する仕組みです。

この方法には、いくつか問題点があります。
火傷するリスク、固まるまで待つ忍耐力、技術力、練習量などです。
思っていたより簡単にはお絵かきできないようです。


これに対して、別のタイプの3Dペンもあります。
「CreoPop」と呼ばれる3Dペンは、熱の代わりに紫外線ライトを利用します。
また、溶かしたプラスチックではなく、光に反応して瞬時に固まる特殊な樹脂を使います。

これにより、一番の問題である火傷のリスクが軽減し、操作性も向上されます。

しかし、ここでまた1つ問題が浮上します。
3Dプリンタが一般家庭向けにも普及が始まったことなどから、出力に必要な樹脂材料には安く手に入れやすいものが出てきました。
一方、「CreoPop」で使用する専用の特殊樹脂はまだ高価で、手に入れるのがやや難しそうです。

「CreoPop」は、クラウドファンディングで出資者を募集中です。
商品化すれば89ドル(約9000円)で販売予定になってます。

CREOPOP
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

紫外線ライトを使って空中に思い通りの絵を描ける3Dペン
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

3Dプリンタの普及から、ますます一般家庭向きの開発が進んでいるように思えます。
上記の火傷のリスク軽減から、子供も遊べるようになれば対象年齢が幅広くなります。

企業用から家庭用、大人から子供まで、さらに手軽さを考えたら、3Dプリンタの開発はまだまだ伸び代がありそうですね。

以上、本日の小話でした。

2014年6月18日水曜日

防水や防塵の規格 IP って?

こんにちは。

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の藤野です。

ワールドカップが盛り上がっていますね。
試合時間が早朝なのが辛いです。寝不足の方も多いのではないでしょうか。


さて、今日のテーマは防水・防塵の規格「IP」についてです。

多くの製品に防水や防塵の機能が搭載されていますが、
もちろん、定められた耐久テストを行ったうえで商品化されています。

その基準となる指標がIPです。

IPというとIPアドレスなどの「Internet Protocol」の方が思い浮かびますが、
防水・防塵規格のIPは「International Protection」を略したものであり、
国際電気標準会議(IEC)によって防水は0~8まで、防塵は0~6までの等級が定められています。

JQAのIP防水試験・防塵(じん)試験業務のご案内
http://www.jqa.jp/service_list/safety/topics/topics_safety_03.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

3分で分かる、「防水機能」の基礎知識
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20080702/1016321/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

Welcome to the IEC - International Electrotechnical Commission
http://www.iec.ch/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

似たような規格に「JIS」がありますが、こちらは日本国内での規格でして
IPとほぼ同等のものと捉えてよさそうです。

JIS防水保護等級とは
http://allabout.co.jp/gm/gc/54402/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

例えば、水没しても大丈夫なイーサネットスイッチ「Cisco Industrial Ethernet 2000 IP67」が
今年4月に発売され話題となっておりますが、

「IP67」ということは、防塵等級が6、防水等級が7ということなので、
粉塵が全くといっていいほど入らず、水に浸しても内部に影響がないということを表しています。
非常に高い水準です。

Cisco Industrial Ethernet 2000 IP67 シリーズ スイッチ
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/switches/ie2000/prodlit/datasheet-c78-731074.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

水没可能イーサネットスイッチ - Cisco IE 2000 IP67
http://www.geekpage.jp/blog/?id=2014/6/13/1
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

みなさんも防水・防塵機能が搭載された製品を購入するときは、
IPがいくつになっているか調べてみてはいかがでしょうか。




2014年6月17日火曜日

オリックス・バファローズ カメラ

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の鳶田です。

本日の話題は、オリックス・バファローズファン必見のカメラアプリについてご紹介します。

アプリ名は「オリックス・バファローズ カメラ ~君もプロ野球カードになろう!~」です。

iTunesPreview - オリックス・バファローズ カメラ ~君もプロ野球カードになろう!~
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

アプリを起動し、カメラで撮影するとランダムで監督、選手、マスコットが勝手に写り込んでしまう仕様です。
なんと、被写体にかぶさるようにして写り込みます。
開発者は「実用性を無視した。」と認めてます。
また、写真のフレームをプロ野球カード仕様にすることができます。

設定には「Player」ボタンと「Frame」ボタンがあります。
PlayerボタンをONにすると、何を撮影しても監督、選手、マスコットが勝手に移りこみます。
FrameボタンをONにすると、プロ野球カード風のフレームが写真の縁を飾ります。

こうしたウケ狙いを中心にしたアプリ、私は嫌いじゃありません。

ランダムに登場する選手、監督、マスコットは画面左下の図鑑で見ることができます。
コンプリートを目指すといったコレクション性もあるようです。

たまに撮影のタイミングで選手の声が聞こえるそうです。

さらに、写真を撮るとCCPointsという点数が加算されます。
このポイントを使うことで、好きな選手や監督などを画面に表示させて撮影ができます。

アプリはiOS用のみで、Android用はありません。

ITmedia ニュース - バファローズの監督や選手が勝手に写ってしまうカメラアプリ「オリックス・バファローズ カメラ」登場
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

実用性はないかもしれませんが、ダウンロードしたがる人はきっといるはず。


以上、本日の小話でした。

2014年6月16日月曜日

次々と開発が進むヘルスケアサービス

こんにちは。
株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の藤野です。

本日のテーマは健康管理です。

ITを活用した健康管理は、個人ひとりひとりがスマートデバイスを持つようになってきた近年、高度なレベルで再開発されつつあります。
最近、スマートフォンのアプリで摂取カロリーを計算したり、運動量を測ったりする人も少なくないでしょう。


アップル社は先日発表したiOS 8の新機能として、
デジタルフィットネス・プラットフォーム「HealthKit」を発表しました。

HealthKit - Apple Developer
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

HealthKitはユーザーの健康状態を蓄積し、アプリから得たデータを一元管理することができます。
医療機関との連携が意図されており、初期ではアメリカの Mayo Clinic が対応するそうです。

Apple Gives Epic And Mayo Bear Hug With HealthKit - Forbes
http://www.forbes.com/sites/danmunro/2014/06/03/apple-gives-epic-and-mayo-bear-hug-with-healthkit/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。


この他、Samsungの健康管理への取り組みの1つである「Samsung Digital Health Initiative」では、
ウェアラブルデバイスの「Simband」を用いてクラウドと連携します。
こちらは様々なセンサーをモジュール式に組み込めるのが特徴です。

Samsung、ヘルスケアサービスのリファレンス端末「Simband」提供へ
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。


これに対し、Googleからは「Google Fit」というサービスが開始すると噂されています。
こちらも同様に各アプリから健康データを収集し、データを共有するサービスです。
2014年6月25日に開催される「Google I/O 2014」で正式に発表とされています。

Exclusive: Google Wants To Collect Your Health Data With 'Google Fit'
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。


いくつかご紹介しましたが、いずれもウェアラブルデバイスの実現が大きなポイントとなっているようですね。

2014年6月13日金曜日

NFCとBluetoothでSIM認証

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の鳶田です。


本日の話題は、NTTドコモがBluetoothとNFC経由でSIMの認証を可能にした技術について紹介します。

2014年6月10日、NTTドコモが小型機器「ポータブルSIM」を世界初の開発として発表しました。

ポータブルSIMは、1つの携帯電話番号を複数端末で簡単に切り替えて使える新技術です。
通常、携帯電話番号の切り替えなどSIMカードの抜き差しが必要でした。
ですが、ポータブルSIMはスマホやタブレットにかざすだけで回線を認証します。
出典 :ASCII MEDIA WORKS
http://topics.jp.msn.com/digital/review/photo-article.aspx?mediaid=8574706
見た目はモバイルルーターのような形状をしてます。
大きさは名刺ほどで、SIMカード、NFC、Bluetooth機能を内蔵してます。
NFCは近距離、Bluetoothは短距離、どちらも無線通信規格です。

端末とポータブルSIMを通信することで、SIMによる認証が継続されるようです。

msn トピックス - ドコモ、Bluetooth/NFC経由でSIMの認証をする新技術
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

スマートフォンの入出力を拡張する流行がありますが、この観点を一転。
IDや認証を端末から分離する形を周辺機器で実現するといったアイディアから生まれたようです。

ケータイ Watch - ドコモに聞く、「ポータブルSIM」開発の経緯
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

複雑なデータの移行が段々とスムーズになってきましたね。

似たような例で、2014年6月11日、米ロサンゼルスにて任天堂がNFCフィギュア「amiibo」を発表しました。
amiiboは任天堂が開発した「Wii U」の専用コントローラー「Wii U GamePad」と通信できます。
Wii U GamePadのNFCリーダーにかざし、Wii U内のゲームソフトとデータをやりとりできるようです。

ITmedia ニュース - 任天堂、NFCフィギュア「amiibo」発表 今冬発売「スマブラ for Wii U」から対応
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

データ移行の手段が進歩していくことで、携帯電話の引越しなどといった複雑な手続きが容易になると嬉しいですね。

以上、本日の小話でした。

2014年6月12日木曜日

LINE Creators Marketのその後

こんにちは。株式会社Pro-SPIRE
ソリューション事業部の藤野です。

雨の日が続いて日々の通勤が辛いですね。
早く夏の天気になるといいです。

今回は、以前当ブログでも紹介しました「LINE Creators Market」が
その後どうなっているのかについて触れてみたいと思います。

誰でも自作スタンプを提供できる LINE Creators Market
http://developers.pro-spire.co.jp/2014/03/line-creators-market.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。
LINE Creators Market
https://creator.line.me/ja/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

審査に通過すれば、誰でも自作したスタンプを100円で販売することができるのが
LINE Creators Marketです。

以前記事にしたときはサービス開始前であったのですが、
調べてみると現在では大きな反響を示しているようです。

サービス開始から1ヶ月間が経過し、販売実績が公開されました。
自作スタンプの売り上げ上位10位までの平均販売額はなんと470万円もあるそうです。

売り上げの半分の利益が作者に分配されることを考えるとものすごい額ですね。

【LINE】ユーザーが制作したスタンプを販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」、販売・購入開始後1ヶ月の販売・利用実績を公開
http://linecorp.com/press/2014/0611761
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

例えば森もり子さんが製作したこちらのスタンプ。
彼氏への気持ちを代弁してくれるものとして人気があり、常にダウンロードランキング上位に位置しています。

もっと私にかまってよ!
https://store.line.me/stickershop/detail?packageId=1000493
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

「返事をくれない彼氏を追い込むLINEスタンプ」の秘話を作者に聞いてみた 売り上げは「パリ5日間の旅に行けるくらい」
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1405/09/news122.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

他にもランキングを見てみると、
どうやらセリフ付きのもの、リアクションを豊かにあらわしたものが上位にきている傾向がみられます。

Creators' Stickers | LINE STORE
https://store.line.me/stickershop/showcase/top_creators
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

LINEのスタンプは自分の気持ちを代弁させるのに便利なことからよく使われます。

確かに企業の公式キャラクタースタンプでセリフ付きのものを作ろうとした場合、
そのキャラクターの性格や特徴に合ったセリフにしなければならなかったりと
いろいろな弊害がありそうですが、

自作ならスタンプとして利用されることを前提にして
そのときの自分の気持ちを端的に表現するキャラクターを作ることができますね。

LINE Creators Marketは今後も規模を拡大していくのではないでしょうか。




2014年6月11日水曜日

BluetoothLED電球

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の鳶田です。


本日の小話は、Bluetooth連携して明るさや色合いを操作できるLED電球の紹介です。

2014年6月9日、ドスパラは同社直販ショップ"上海問屋"で「BluetoothLED電球」を発売しました。

上海問屋 - BluetoothLED電球
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

BluetoothLED電球は、iPhone / iPadの専用アプリ「Nexturn」より操作が可能です。

BluetoothLED電球のスペックは次の通りです。
明るさ: 全光束500ルーメン
色温度: 3000~6000ケルビン
消費電力: 7ワット
光源寿命: 約2万5000時間
サイズ: 全長126ミリ
最大径: 70ミリ
重量: 約150グラム

音楽に合わせて色や明るさを変えることができます。
また、複数の電球の色を一括で変えることもできます。
出典 - 上海問屋 : http://www.donya.jp/item/26422.html
専用アプリ「Nexturn」の対応機種は次の通りです。
iPhone : 5s / 5c / 5 / 4S / 4
iPad : 第2 / 3世代、第4世代Retinaディスプレイモデル
iPad mini: 第2世代Retinaディスプレイモデル

価格は3999円(税込)です。

IT media ニュース - おうちの中でパーティー気分――「ブルートゥース LED電球」
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

家の中で気軽にパーティー気分を味わえることでしょう。

以上、本日の小話でした。

2014年6月10日火曜日

NTTドコモからiPadが発売

こんにちは。
株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の藤野です。

本日2014年6月10日より、NTTドコモから「iPad Air」と「iPad mini Retina」が発売されます。
iPhoneが発売されるようになったのも記憶に新しいですし、
iPadの発売も自然の流れといえるでしょう。

iPad | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/ipad/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

決められた購入条件を満たすと申し込みから最大13か月パケット上限が1GB増分するキャンペーンも実施しています。

料金 | iPad | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/ipad/charge/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

これで3キャリア全てからiPadが発売されることになったのですが、
ではどこが一番安いのかというと、各社とも利用状況によって様々な料金プランが用意されているので
一概にはいえないようです。

新規契約で購入するとドコモは割高に見えますが、家族とデータ通信量を分け合えるのはドコモだけであったり、
スマートフォンとの併用で契約していると月々の料金が安くなったりと複雑です。

自分にあった利用状況を考えながら、各社の最適な料金プランを選択する必要があります。

ドコモのiPadは買いか?――3キャリアのiPadの端末価格と利用料金を比較する
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1406/01/news009.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

キャリア版iPad Airの月額料金を比較 気になるドコモの料金
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/224/224689/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

ドコモからiPadが発売されたということでタブレット端末はますます普及していくでしょう。
パソコンを使う人がいなくなる日も近いのかもしれませんね。

2014年6月9日月曜日

3D空間認識端末Project Tangoのタブレット版

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の鳶田です。

本日の話題は3D空間認識端末プロジェクト「Project Tango」のタブレット版、「Project Tango Tablet Development Kit」についてご紹介します。

ATAP Project Tango - Project Tango Tablet Development Kit
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。


Project Tangoは、カメラやセンサーで取り込んだ情報から、空間・運動把握能力を認識します。
人間の視覚能力を模擬した機能です。
取り込んだ周囲の情報はリアルタイムでマッピングして再現できます。

新タブレットProject Tango Tablet Development Kit(以下、PTTDK)」は、GoogleとNVIDIAとの協力の下で開発したものです。
PTTDKには今年のCESで発表したモバイル向けSoC「TegraK1」を搭載してます。
TegraK1はAppleのA7の3倍近い性能を持ちます。
Xbox 360、PlayStation 3などのコンソールを超えるグラフィックス性能をモバイルプラットフォームで楽しめるようです。

Apple iPhone5S - 特徴 (A7についてはこちら)
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

PTTDKのスペックは次の通りです。
ディスプレイ : 7型
OS : Android 4.4 (KitKat)
メモリ : 4G
ストレージ : 128GB
カメラ : 400万画素、モーショントラッキングカメラ、深度センサー搭載

他にも、Wi-FiとLTEをサポートします。

発売日はまだ不明です。
発売通知の申し込みは、Project Tangoの公式サイトからDevicesより可能です。

2014年2月20日に発表されたProject Tangoは限定200台でしたが、PTTDKは4000台程度製造するようです。

The Wall Street JournalThe - Google Developing Tablet With Advanced Vision Capabilities
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

気になる方はまず発売通知の申し込みから始めましょう。

以上、本日の小話でした。

2014年6月7日土曜日

JavaScriptで比較演算子を用いた場合の真偽値判定について

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の横田です。

今回のテーマは、JavaScriptで比較演算子を用いた場合の真偽値判定についてです。

とあるコードを読んでいたところ、下記のような条件分岐に出会いました。

var temp = '0';
if (temp == false)
{
  alert('error');
}

結果から申し上げますと、このコードが実行された場合、アラートが表示されます。
しかし私はこの結果に納得がいきませんでした。

まず前提として、JavaScriptでは、if文の分岐条件にboolean型以外の値が入った場合、
下記のような判定になります。

  • 'abc' true // 文字列
  • '0' true // 文字列0
  • 'false' true // 文字列のfalse
  • '' false // 空文字列
  • 0 false // 数字の0
  • -1 true // 数字の負の値
  • 1 true // 数字の正の値
  • undefined false // undefined
  • null false // null

上記を踏まえて再びコードに戻ります。

var temp = '0';
if (temp == false)
{
  alert('error');
}

'0' は false, false はもちろん false ですので、
'0' == falsetrue == false となり、不一致。
つまり、アラートは表示されないはずです。

ですが、比較演算子になると少々訳が違うようです。

● 文字列'0' (=true) と bool値true (=true) の比較
'0' == true → false

● 数字の0 (=false) と bool値false (=false) の比較
0 == false → true

● 数字の負の値 (=true) と bool値true (=true) の比較
-1 == true → false

● 文字列'false' (=true) と bool値false (=false) の比較
'false' == false → false

非常に奥が深い世界です。
比較に関して正確に理解していない場合、
誤った挙動を起こさないためにも、できるだけ厳密演算子を用いたほうが良さそうです。

2014年6月6日金曜日

OpenSSLに再び脆弱性が発覚

こんにちは。
株式会社Pro-SPIREの藤野です。

OpenSSLに新たな脆弱性が見つかりました。
今回もまた情報漏えいの危険性が含まれています。

すでに修正パッチは配信されているので、早急なアップデートが必要です。

OpenSSLにまた重大な脆弱性、直ちにパッチ適用を
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/06/news034.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

問題を発見したのは日本のセキュリティ機関レピダムで、
OpenSSLの ChangeCipherSpec(CCS) Injection 脆弱性を指摘しています。

レピダムのサイトで細かい解説がなされています。

CCS Injection 脆弱性の概要と対策レポート
http://ccsinjection.lepidum.co.jp/ja.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

CCS Injection 脆弱性の発見経緯
http://ccsinjection.lepidum.co.jp/blog/2014-06-05/CCS-Injection/index.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。


ChangeCipherSpecとはTLSプロトコルの一部で、サーバーとクライアント間の通信に使用される暗号方式を相手に通知するメッセージです。
今回は、特定バージョンのOpenSSLを持つサーバー側に不適切なChangeCipherSpecを受信させることで、最悪の場合には暗号化通信プロトコルが最も避けるべき中間者攻撃(man-in-the-middle attack)を可能としてしまうと考えられています。
なお、原因はOpenSSLのTLS/SSL実装の問題であり、TLS/SSLプロトコルそのものの脆弱性ではありません。

SSL Protocol - FC2
http://sehermitage.web.fc2.com/crypto/ssl_protocol.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

HeartBleedの件があって間もないので、
インターネットの安全を支えてきたOpenSSLの問題はまだまだ尽きないのではないかというおぼろげな懸念があっても無理もない状況です。

OpenSSLはオープンソースなので、特定の機関だけでなく関係する人全員に検証・修正の可能性があるのが良いところですね。
今回のように影響範囲が広い問題は、悪用防止の観点から即座に展開するべきとも限らないのが扱いの難しいところですが、開発コミュニティと研究機関の協力によりスムーズかつ安全に対策が進められると良いと思います。


余談ですが、以前本ブログで取り上げました
OpenSSLの改善プロジェクト
「OpenOpenSSL」のサイトはアクセスできなくなっていました。
どうも単なるジョークサイトだったようです。。。
正しい情報を得る努力も必要ですね。

OpenOpenSSLサイト立ち上がる
http://developers.pro-spire.co.jp/2014/04/openopenssl.html

2014年6月5日木曜日

Googleが考える人工衛星ネットワーク

こんにちは。
株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の藤野です。

Googleが人工衛星を使ったインターネット接続環境の構築に
10億ドル以上の出資をする計画であると話題になっています。

小型衛星を世界各国に打ち上げることで、
インターネットが整備されていない発展途上国にも接続環境を整えようとする試みです。

Google、人工衛星使うネット接続プロジェクトに10億ドル超を投資
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20140603/561128/?ST=network
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

以前よりGoogleは空からのネットインフラ構築の実現に向けて力をいれています。

「Project Loon」はそのうちのひとつで、気球を使って情報をやり取りします。

Loon for All – Project Loon – Google
http://www.google.com/loon/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

Google、成層圏気球インターネット計画 Project Loon を発表。ニュージーランドで試験開始
http://japanese.engadget.com/2013/06/17/google-project-loon/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。


気球同士で連携することで、情報を相手に届けます。
こちらは回線速度はそれほど速くなく、ネットインフラが未発達な地域に低価格で提供する方針だそうです。

最近ですと無人航空機を開発しているTitan Aerospace社を買収しましたし、
Googleの本気度合いがわかります。

米Googleが超高度無人航空機ベンチャー米Titan Aerospaceを買収
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20140415_644331.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

世界にはインターネットに接続できない地域がまだまだたくさんあるといわれています。
各地で起こっている出来事を日本に住む私たちが知るためにも
是非とも推進してもらいたい計画ですね。

2014年6月4日水曜日

Apple最新版iOS8

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の鳶田です。


本日の話題は、Appleが6月2日に発表した最新版モバイルOS「iOS8」についてご紹介します。

Appple - iOS 8 Preview
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

対応端末はiPhone4S以降、またはiPad2以降になります。

最新版iOS8の更新情報、追加機能については次の通りです。

iCloud Driveにて、5Gバイト分のストレージを無料提供
様々なファイルをモバイル端末やPCで共有できます。
扱いはDropboxなどと同様で、フォルダへのドラッグ&ドロップ操作でファイルの移動ができます。

メール受信などを伝える通知機能が改善
双方向でのやりとりが可能になりました。
メールの受信やFacebookのコメントの通知などからそのまま返信を入力できます。

写真機能では編集機能が強化
明るさや色合いなどを直感的に調整できるようになりました。
傾き補正や、フィルターで写真に効果をつけることも可能です。

購入した曲やアプリを家族で共有可能
「Family Sharing」といわれる機能が追加されました。
iTunes Store/App Storeで購入した音楽、映画、アプリを家族6人まで共有できる機能です。
カレンダーのスケジュール共有や、写真共有もできるようです。

アプリ開発者向けに4000超の新APIが公開
写真編集機能や、指紋認証機能などをサードパーティ製アプリで利用することが可能になりました。
iPhoneアプリ市場に新風を巻き起こすかもしれません。

IMEは予測変換機能を強化
メールなら送信相手によって予測するワードを合わせるなど可能です。
また、日本語を含む14ヶ国語に対応できます。

メッセージアプリより添付機能の向上
音声、録音、撮影した動画などの添付、現在地の共有ができるようになりました。

健康管理アプリ「Health」が登場
消費カロリー、睡眠時間など様々な健康情報の管理ができます。
アプリから医療機関に相談することもできます。

ITmedia ニュース - Apple、「iOS 8」発表 「iCloud Drive」や他社IMEの解禁も
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

ますます利便性が高まるiOS。
今回のAPI公開によりまた新たなる機能を盛り込んだアプリが、続々と開発されることでしょう。

以上、本日の小話でした。

2014年6月3日火曜日

WWDC 2014が開催! 新プログラミング言語 Swiftが登場



こんにちは。
株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の藤野です。

現地時間6月2日に米Appleの開発者会議「WWDC 2014」が開催されました。
そこでは新プログラミング言語「Swift」が発表され、話題となっております。

SwiftはiOSやOS Xアプリを開発するための言語であり、Objective-Cと同じレイヤーです。
Cocoa、Cocoa Touchフレームワークを共有しています。

また、インタラクティブな言語でObjective-Cより高速なアプリを作ることができます。

Swift - Apple Developer
https://developer.apple.com/swift/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

アップル、新プログラミング言語Swiftを発表。レガシーを廃して高速化したiOS/OS X開発用
http://japanese.engadget.com/2014/06/02/swift-ios-os-x/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

他にもWWDC 2014では、今年2014年の秋にiOS8をリリースすることが発表されました。

操作性の向上やサードパーティ向けに様々な機能が開放されるようになっています。

Apple、iPhone/iPad向け最新OS「iOS 8」を今秋リリース
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20140603_651428.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

開発者にとってはよりアプリ製作に手をつけやすくなったといえるのではないでしょうか。


Swiftのロゴです。速度をアピールしているのが伝わります。
 
https://developer.apple.com/swift/


2014年6月2日月曜日

Skypeから同時通訳機能の試験版が公開

 株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の鳶田です。

本日の小話は、ビデオ通話ユーザー御用達のSkypeから、同時通訳機能 開始の朗報です。

ネット電話サービスSkypeの同時通訳機能の試験版が公開されました。
他国の人たちが話す言葉が、自国の言語に自動翻訳されます。
音声、文字から通訳するようです。

2014年5月27日に米ITメディアが主催した会合より、同時通訳機能のデモがありました。
会合では、ドイツ語と英語を話す2人がSkypeの同時通訳機能を通し、日常会話を楽しんだそうです。

米Microsoftによると、Skype月間利用ユーザー数は約3億人です。
ナデラ最高経営責任者は「言語の壁がなくなり、誰とでも会話ができるようになる」と強調してました。

今後はWindows8を搭載したPCなどを対象に、年内サービス開始予定のようです。
日本語対応や、利用料金の有無などについての詳細は明らかとなってません。

日本経済新聞 - 「スカイプ」で同時通訳 米マイクロソフトが試験版
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK29007_Z20C14A5000000/?dg=1
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

Skypeの導入手順は次の通りです。



同時通訳機能、日本語対応が待ち遠しいですね。

以上、本日の小話でした。