2014年4月14日月曜日

口コミサイト Yelp 日本上陸

こんにちは。
株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の藤野です。

この時期ですと日中は比較的暖かいので過ごしやすいのですが、
朝と夜は冷え込むので服装に困ります。

今日は世界最大級の口コミレビューサイト「Yelp(イェルプ)」が2014年4月9日に国内でのサービスを開始したことについて触れてみたいと思います。

世界最大級の口コミローカル情報サイト「Yelp」が日本上陸
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20140409_643553.html
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

買い物をするときや食事をするとき、インターネットで口コミを調べてから行動を起こすという人は多いと思います。
私もよく口コミサイトを利用しますが、評価が高いものを選んで「失敗した!」と思ったことは少ないです。
予約が間単にできるのもありがたいですしね。

日本ではすでに食べログやぐるナビといったサービスが存在していますが、
それらとの大きな違いは「飲食店にかぎらない」ことと「実名制」であることです。

Yelpは飲食店のほかに病院や歯科医院、レジャー施設からお寺に至るまで、様々なものに対しての口コミが掲載されています。

Yelp
http://www.yelp.co.jp/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

特に、病院や歯医者さんなどは実際に行ってみて診察を受けてみないとわからないし、
イマイチだったからといって通院先を替えるのも面倒ですしお金がかかります。
ありそうでなかったサービスだと思います。

また、もうひとつ大きな特徴として、「実名制であること」が挙げられます。
レビュアーは自身のプロフィールを設け、実名(ニックネーム)で投稿します。
アカウントをFacebookと連動させることも可能です。

レビュアーがどんな人なのか確認できるため、口コミの信頼性が高まることが予想されます。
同じレストランのレビューでも、色んなお店を食べ歩きしている食通の人の評価が高かったら行ってみたくなりますよね。

実名制であることによって、企業側はユーザーをイベントに招待し、レビューを通して商品の宣伝ができます。
今後は地域とのコミュニティを活性化させることにも注力していくようです。

実名制であることが、今後日本で流行るのか注目する部分になりそうです。

あまり知られていなかったお店が口コミで評価されるようになるといいですね。
その分、企業側は顧客獲得のために厳しい戦いになると思います。

また、教育や公共施設まで利用者が「お客様」となりサービス化していくことが懸念されます。
あらたな問題も生まれてくるでしょう。

提供者と利用者双方にとって最適な形になるといいですね。

世界最大級の口コミサイト「Yelp」が日本上陸、実名レビューサイトは受け入れられるのか
http://jp.techcrunch.com/2014/04/09/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%9C%80%E5%A4%A7%E7%B4%9A%E3%81%AE%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%80%8Cyelp%E3%80%8D%E3%81%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%B8%8A%E9%99%B8%E3%80%81%E5%AE%9F/
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿