2014年4月9日水曜日

Windowsの一部無償化

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の鳶田です。


たて続きWindowsの話題となりますが、Microsoftが2014年4月2日(現地時間)、Windowsの一部無料化を発表しました。

具体的に、画面サイズ9インチ未満の端末でWindowsとWindows Phone OSを無償で提供するようです。
スマートフォン、または小型タブレット向けのWindows OSはライセンスが無料になります。
※PCは対象外です。

© 2014 Microsoft.

ITmediaニュース - Microsoft、低価格端末向けWindowsの無料化を発表

その背景には、Androidの存在が大きく関わっているようです。
スマートフォン市場の約8割を占めるAndroid の最大の魅力は「無料」。
MicrosoftはWindowsのライセンス料について以前から課題とされてきましたが、
同じ土俵にあがるためにも、ついに決意した模様です。

今後も市場の動向に適応し、Microsoftはビジネスモデルを変化させていく必要がありそうですね。

OSライセンス無償化に伴い、OEM版無料Windowsにおいて「Office 365」のサブスクリプションについても吉報がありました。
「Office 365」1年分を無料で、あらかじめインストールできるようにするそうです。
※無料対象のバージョンは不明。

クラウドwatch - Windows無償化でモバイルに挑む Microsoftのデバイスとサービス戦略

また、Windows8.1のライセンス料は従来1台当たり50ドル(約5,000円)でしたが、15ドル(約1530円)に引き下げられると報じられました。

Bloomberg - Microsoftがライバル企業に対抗してWindowsの値段を70%カットするといいました。

無償、無料、いい響きです。

以上、本日の小話でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿