2014年4月21日月曜日

OpenOpenSSLサイト立ち上がる

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の鳶田です。


本日はHeartBleedで騒がれたOpenSSLについて続報です。

OpenBSDがOpenOpenSSLというサイトを立ち上げました。
OpenOpenSSLのTOPには「インターネットセキュリティの将来を素人の手に置くわけにはいかないから、私たちがプロジェクトを立ち上げた。」と説明されてます。

OpenOpenSSL
http://www.openopenssl.org/
※2014年6月6日に確認しましたところ、すでにサイトが消滅していました。ジョークサイトだったようです。

OpenBSDは、OpenSSLの脆弱性「HeartBleed」の修正に着手しましたが、
HeartBleedの修正中、また別のバグが発覚した模様です。
OpenBSDは抜本的にOpenSSLのコードを作り替えることにして、このプロジェクトに「OpenOpenSSL」という名前をつけたようです。

OpenBSDプロジェクト、「OpenOpenSSL」に着手 - Heartbleed以外にもバグ
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

コミットログを閲覧すると、作業の様子が窺えます。

CVS Repository
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

OpenOpenSSLに対し、日本の反応は次のとおりでした。

1 : halfrack@hatena 2014/04/17 09:16:56
OpenBSD チームによる OpenOpenSSL って冗談じゃなかったのか!!!!

11 : mainyaa@hatena 2014/04/17 11:14:24
OpenOpenSSLほんとに作ったのかw

15 : troter@hatena 2014/04/17 11:32:10
エイプリルフールじゃない。。

【みんなの反応】OpenOpenSSL - ねとなび
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

OpenBSDのネーミングセンスに驚きを隠せないようでした。

また、OpenBSDは、「私たちがいないと困るだろう。というわけで続けられるように資金を求む」と言っています。

OpenSSH hole, April 9
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

OpenBSD財団への直接の寄付の他に、インストールCDやノベルティグッズの購入などにより、活動を援助することができます。

OpenBSD財団に寄付
※上記のリンクは外部サイトが別ウィンドウで開きます。

OpenOpenSSLという名前はジョークかもしれませんが、
セキュリティを重視するソフトウェアはOpenSSLから移行する可能性もありますね。
OpenOpenSSLの今後の展開に注目です。

以上、本日の小話でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿