2014年3月17日月曜日

電子書籍と紙媒体書籍のハッピーセット

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の鳶田です。


本日は電子書籍についてご紹介いたします。

電子書籍はデジタル機器の画面で読む「書籍」です。
スマートフォンやタブレット端末など、電子書籍の活躍の場は広がっています。
好きな書籍を外出時に持ち歩く場合、重い書籍を持ち歩く必要がなくなるため便利です。
書籍を購入する際も電子書籍であれば嵩張りませんし、読まなくなった本を処理したいときは手早く削除できます。

しかし紙媒体の書籍にも利点はあります。
当たり前ですが電気がなくても読めますし、家でじっくり読みたい人にとっても、長時間の読書は電子よりも紙のほうが目に優しいです。

どちらを購入するほうが得なのかは、時と場合、個人の趣向によるかと思います。

そんな中、昭文社「まっぷる」は、紙媒体の本を購入すると電子版も付属されるサービスを開始しました。

昭文社「MAPPLE」 - 公式サイト

まっぷるが提供するアプリ「マップルリンク」に、無料電子版サービスが追加されました。
マップルリンクは収録されている地図や観光地の情報を端末にダウンロードするアプリです。
その中の無料電子版サービスは、紙版と同じ誌面をまるごと提供します。(広告などを除く)
旅行ガイドブックにおいて、紙媒体の本の購入者に電子版を提供するのは業界初の試みです。

INTERNET Watch - 紙の本を買うと無料で電子版も付いてくるサービス、昭文社「まっぷる」で開始

電子と紙の本については、反対派、賛成派の派閥争いの場面をよくネット上で目撃します。
人間に優しい、自然に優しい、多数の意見が繰り広げられる大きなテーマの一つですね。
皆さんはどちらが未来に優しいと思いますか?

本日の小話は以上です。

0 件のコメント:

コメントを投稿