2014年2月14日金曜日

USBメモリでWindowsを持ち運ぶ「Windows To Go」

株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の鳶田です。


今回の話題は Windows 8 Enterprise でサポートしている「Windows To Go」についてです。
Windows To Go とは、USBストレージデバイス(USBメモリや外付けHDD)から
OS(Windows8)が起動可能になるサービスです。

Windows 8 Enterprise - Windows To Go

USBメモリに Windows To Go をインストールすることにより、
外出時、出張先などでいつでも自分のユーザー環境を再現することができます。

ITmedia-USBメモリでWindowsを持ち運ぶ「Windows To Go」の実力は?

Windows To Go を使用するにあたり、注意する点は次の通りです。


  • 「ローカル接続」として認識される外付けストレージが必要
  • 作成時にWindows8のインストールDiskまたはisoファイルが必要
  • Windows To Goに利用するストレージは、空っぽの状態である事
  • 接続するPCは、USBブート可能である事。Windows8の動作要件を満たしている事
  • Windows To Goで起動したPCは、内臓HDDにはアクセスできない
Windows 8の新機能Windows To Goが面白い!Enterprise版のみの提供なんて勿体無い

セキュリティー上の懸念に対しては、Windows7/8の「BitLocker」という機能があります。
「BitLocker」とはドライブ内のデータを自動で暗号化してくれる機能です。
他者からのデータの盗難、ハッキングを防ぐことが可能になります。
これにより、万が一USBメモリを紛失したとしても、中身のデータが盗み取られる心配はありません。

BitLocker ドライブ暗号

また、USBメモリ内のOSは接続先のPCから完全に独立しているため、出先のPCで作業をしたとしても、
ウィルスに感染したりパスワードを抜き取られる心配もありません。

ノートPCを持ち歩く必要性が完全になくなるわけではありませんが、
持ち運びする機会を減らすことができ、遠出の際は大変便利になるかと思います。
Enterprise版のみというのが惜しいところですね。

以上、本日の小話でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿