2014年1月23日木曜日

OpenBSDプロジェクトで電気代が必要

こんにちは。
株式会社Pro-SPIREソリューション事業部の藤野です。

今日はOpenBSDについてです。

こんな記事を見つけました。

OpenBSD、電気代を肩代わりする支援企業を募集中 - 1カ月、未だ名乗りなし
http://news.mynavi.jp/news/2014/01/17/082/

OpenBSDプロジェクトがサーバーを維持するための電気代を支払うことが困難であるため
寄付をしてくれる企業を探しているそうです。
日本円にして年間約200万円です。

そもそもOpenBSDって何でしょう。
私は使ったことが無く、よくわからなかったので調べてみました。

OpenBSDとは オープンビーエスディー: - IT用語辞典バイナリ
http://www.sophia-it.com/content/OpenBSD

UNIX系のOSであり、オープンソースでセキュリティ性が高いのが特長なようです。
OpenBSDプロジェクトの一部として開発されているソフトのうち、
OpenSSHは非常に有名で、こちらは私も毎日使っています。

OpenSSH
http://www.openssh.com/ja/

そんなOpenBSDプロジェクトが資金調達に苦労しているようです。
無償で提供されているソフトウェアは、利用者にとってはありがたいことですが、
プロジェクトの規模が大きくなり、運営コストが上がるのに合わせて
活動のための資金調達の仕組みも工夫されていかないと、
プロジェクトを維持することはできません。
電気代も、運営コストの要因の一つです。


ここでつい先日、OpenBSDプロジェクトの支援を名乗りでるスポンサーが現れました。
最近話題を呼んでいるBitcoin事業家のひとり、ルーマニアの Mircea Popescu 氏です。
自身の報告が、IRCチャットのログに残っています。
http://log.bitcoin-assets.com/?date=20-01-2014#449869

Bitcoinに関しては、以前に当ブログでも取り上げましたので、ぜひご覧ください。
http://prospire-developers.blogspot.jp/2013/12/bitcoin.html

0 件のコメント:

コメントを投稿